とことこ編集者雑記

49歳バツなし独身乙女座A型トイプー双子姉妹6歳と同居

H山さん結婚ですか!

ものすごく久しぶりに更新。
Hガシ結婚かー。
68年うまれのとことこ編集者は世代的に
Tちゃん、M(ともに80年歌手デビュー)にドンピシャと
言えば言えるのですが、Jで一番好きなのはS年隊の二ッキだったり。
どれくらい前から好きだったかというとメンソレータムキャンパスリップで
「きみ、くちびーるキラキラ〜〜♪」と歌ってた初CMの頃からだ。82年。
そんな自分ですが、よく見る中からHガシファンにおすすめの動画を…
貼ってましたが削除されてました!((((;゚Д゚))))
デビュー曲のセンターは二ッキだったということを若い人はしらないかもだ。
んで自分が一番好きなS年隊の歌は「君だけに」。ミッチーもカバーしてました。

ところで作曲者である筒美京平
日本の作曲家別シングル総売上枚数1位という記録保持者
(作詞家では阿久悠。2人のコンビならToshi&Naoko「夏ざかりほの字組」を
推しておこう。いや言うまでもなく珠玉なのは
岩崎宏美の初期ナンバーだとわかってますが。
でも85年のレコード大賞作詞賞受賞曲だよ、「夏ざかり」。
と思ったら「また逢う日まで」がそうなのか! 71年レコード大賞)、
で、その筒美にとってのベストワークこそ、この「君だけに」(87年)なのだそうで。
いや何の不服もあろうはずはありませんが神曲があまりにも多いお方なので
「『君だけに』が、そうなんだ…へぇ」と、ちょっと意外でもあり。
ソースは「星をつくった男 阿久悠と、その時代」(重松清)…
以外にも、割とさまざまな場所で発言しておられるようですね。
自分が知ったのは上記の本ででしたが。
80年代の終焉と共についにオリコンランキング年間100位以内からも陥落してしまう
阿久悠に対し、専業作家デビューがほぼ同年(66・67年)の筒美京平が今なお最前線に
いると思うと、なんだかいろいろなことを考えてしまうのでした。
阿久悠全盛の1年は「津軽海峡・冬景色」「勝手にしやがれ」「UFO」を
世に送り出した77年。40歳の時(「津軽」は39歳でしたが)。
どれくらいヒット連発かというと
6/20「勝手にしやがれ」〜12/5「ウォンテッド」まで25週連続オリコン1位ですって。
前人未到にも程がある。もうこんな記録は出ないんだろうなぁ…。
筒美の「君だけに」は「専業作家20年目にして生み出せた傑作」と自負する作品。
職業人として「なるほど、そういうものなのか」と思わされます。それにしても
生まれは阿久悠が37年、筒美が40年だから同世代ですよねぇ。筒美氏、神すぐる。
その、「日本一」の作曲家の「ベストワーク」の
「センター(振りの関係で左にいたけどサビを歌ってた)」を務めた歌手、
それが二ッキ。
…二ッキ、神に愛された男か!(実際、唯一無二にして不動だよね、その立ち位置)
てなこと思いつつ、某月某日「Jの中では二ッキが一番好きなんです!」と
同世代カメラマン氏に話したところ
「今二ッキってフッくんポジションですよね」
「!」
なんだか両方のファンの方に何と言っていいかわからないまま、この日記を終わる。
※Jについての日記を書いたことがなく、いろいろとホントすみません。
ニュースを受けての日記なので、気が変わったら削除するかもです。